英会話を上達させる確実な勉強法ならGRANTS-FOR-SCHOOL

英単語を効率的に覚える方法 | 英単語帳は効率が悪い

英単語を効率的に覚える

英語の勉強で一番厄介なのがボキャブラリ(Vocabulary)、英単語を覚える事です。
英単語効率的覚える方法を解説します。

英単語の種類

  • 日常会話に使う英単語
  • 大人の話をする英単語
  • 大学で使う英単語

英単語の量を種類別に分けますと、上記のような感覚になります。
①⇒③に行くにしたがって単語の量が増えていきます。

日常会話で使用する英単語の数は、約3000語

間違えてはいけないので正確に言いますと、3000語でネイティブと日常会話が小学生程度の会話でできる事になります。
実際にネイティブが日常で使用している英単語の数は約8000語(高校卒業したネイティブ)と言われています。

ですので、18歳ぐらいのネイティブが日常会話をネイティブスピードで話しますと何を言っているのか分かりません。

ですが、日本人が自分の言いたい事を英語でネイティブに伝える事が出来る最低限の英単語数が3000語と言う事で、会話自体は幼稚な会話になります

大人の話をするには約8000語

さきほども言いましたが、18歳ぐらいのネイティブの使う英単語の数がこのぐらいになります。
海外でネイティブと普通に問題無く普段の会話ができるレベルです。

ネイティブスピードでの会話も話す練習を重ねる事で問題無くできます。
本当の意味で日常会話ができると言う事ですね。

大学で使える英語で約15000語

このレベルになりますと、専門用語(会計、建築、コンピューター、文学、物理、化学 etc..)やシェークスピアの一文を活用など教養のある会話になります。
ここでも日本人が勘違いするケースが多い部分として、外資系や世界規模の日本の会社などに勤めますとその会社が専門とする分野のテクニカルターム(専門用語)は強制的に覚える事となります。

このケースでは会社での会議や普段の仕事中の会話は問題が無いのですが、昼食中のネイティブとのスモールトーク(世間話)になると全く話しが出来ないと言う事があります。
専門用語は意外と覚えてしまうと、仕事中に使う事が多く決まった言い方が定着しますので、専門用語があるお蔭で会話がスムーズになります。

ですので、外資系や大手の日本の会社の海外の支店で勤務している方も日常会話に必要な8000語を覚える必要があります。

英単語を効率的に覚える方法

英単語を効率的に覚える方法

いよいよ本題の効率的な英単語の覚え方になります。
ポイントを押さえましょう。

  1. 英文を基本的に書かない。
  2. その単語が入った文書で覚える。
  3. 見て声を出してどんどん覚える。
  4. 何回も回数をこなす。

英文を基本的に書かない

英単語を覚える時に、何回も同じ英単語を書いて覚える方が多いとお思います。
たとえば1つの英単語を10回書いてから、次の英単語を10回書くなどを続ける事です。

この作業は実に非効率的で時間の無駄です。
英単語を1回書いても10回書いても2回目以上はただ同じ字を写生しているにすぎません。

何回も書くと覚える事が出来ると信じている方は、それは間違っている事を理解しましょう。
英単語を声を出して発音し、その意味も声を出して1度見たら次の単語に進みましょう。

2000単語ある本でしたら、とにかく1つの単語に時間を掛けずに次の単語を見ていき大雑把に2000単語全てを全て網羅して、再度同じ作業を継けます。
2000単語を声を出して発音し、日本語訳を声を出して見て次の単語に行くを100週程繰り返しますと90%は覚える事ができます。

実際は、1週目で500語ぐらいはすでに知って知る単語がありますので覚えてた単語はチェックを入れて、2週目はチェックの無い1500を作業してここで覚えた単語に更にチェックを入れて、3週目はチェックの無い単語の作業を続けるの繰り返しです。

回数が進むにつれてチェックの付いた覚えた単語の数が増えていきますので作業が早くなります。
2000単語を100回見るわけではありません。

見て、読んでを進めていきますと何となく2000単語の本に書かれている単語の構成がどんなになっているかを把握できます。
更に進めることで、関連した単語がある事に気が付きますので(like dislikeなど)英単語を覚える効率が良くなります。

なかなか覚える事が出来ない英単語は、エアーで指を使ってスペルアウトすると実際に書くよりかなり時間が短縮できます。
とにかく1つの単語に時間を掛けずに、何回も再現させる事で記憶に留めていきます。

人の脳は、忘れては思い起こすを繰り替えす事で記憶を定着していく仕組みになっています。
1つの単語を10回づつ書いて、2000語になるまでには、20000回書かなければいけません。

1単語書くのに5秒かかるとしますと、5秒×20000回=28時間程掛かります。
1日に英単語を書く作業を1時間ぐらいすれば飽きてしまいますので、2000語書き終わるのに28日掛かってしまいます。

最初に書いていた英単語など全く覚えていません。
28日で2000語を1週したのでは、2000語を覚えるまでには気が遠くなる時間が必要です。

書くと言う作業は非常に効率の悪い方法ですので、今でも書いて覚えている方はやめましょう。

おすすめ書籍

※入門編ですが、これを完全に覚えると英検2級は簡単に取れます。

その単語が入った文書で覚える。

英単語を単体で覚えても実際の会話の中で使用方法が分からないために英会話が出来ない勉強になります。
※大学受験での英語の勉強はここで止まってしまいます。

これを回避して、英語を話せるようになるのと同時に英単語を覚えていくことが一番理想です。
その英単語が入った短い文章で覚えるようにしましょう。

中学、高校の教科書に書いてある文章からはじめて、例文集などの本を購入してそれを英文と翻訳を声に出して時間を掛けずに覚えていく事を繰り返します。

おすすめ書籍

アメリカ人ならだれでも知っていいる英語フレーズ4000 山田詩津夫 著
日常英会話5000 岩波 圭南 著
上記の音声CDになります。日常英会話5000別売CD

下記よりアマゾンでお好きな本を選んで下さい。(カスタマーレビューを必ずみましょう!)
※成功する人はすぐに行動に移します!

この繰り返しを英単語と同じように何回転も続ける事で、英単語を覚えると同時に、その使い方も覚える事が出来るので英会話力も大きくアップします。

見て声を出してどんどん覚える。

英文を覚える時には必ず声を出して読みながら進める事が必須です。
声を出して読む事で、脳に情報の定着率が高くなり、英語が話せるようになります。

英語が話せない日本の英語教育に足りない部分が、「英語を話す」です。
英語を話せるようになりたいのでしたら、とにかく英語をたくさん話す事が大切です。

その時に注意しなければいけない事は、正しい英文である必要があります。
自分でグーグル翻訳など使って、調べて作った英文は間違っている事が多々ありますので、これを覚える事は時間の無駄になってしまいます。

正しい英文の作成方法

折角時間を掛けて英文を覚えても、間違った英文を覚えてしまったのでは全く意味がありません。
意味がないどころか、間違った英文が癖になってしまい正しい英文を作るときの邪魔になりますので、必ず正しい英文を覚える事が重要です。

正しい英文の見つけかたはいくつかあります。

  1. 教科書や参考書など本から見つける。
  2. 英会話教室でネイティブから教わる。
  3. 映画などの英語スクリプトで見つける。
  4. 英字新聞などを見てみる。
  5. 添削サイトを利用する。

目的により正しい英文を効率よく見つけるには下記のようになります。

・試験対策
もしあなたが何かの試験(TOEFUL IELTS 英検など)の試験対策で使う英単語を覚えたい場合には、その試験用に出来た英単語集の参考書を購入して覚えるが確実です。
最近の英単語集には、その単語を使った英文が掲載されているものが多くありますので、その手の参考書を購入して覚えましょう。

・ネイティブや映画
ネイティブとの会話や、映画での英語のスクリプトを覚える事は、英語の口語的表現が豊かになり正しい英語である事は間違いありませんので意味がありますが、すぐに簡単にできる事ではありませんので、
短期的には良いですが、長い間続ける事はできません。

・英字新聞
日本人が日本の新聞を見て、書いてある記事を問題無く読めるのは、文語で書かれた文章を読みなれているから問題無く読めます。
同じように、英字新聞や英語の小説などを読めるようになるためには、文語英語を覚える必要があります。

日本の新聞に書いてある日本語は、実際に会話で使用する日本語とは全く違います。
英語も同じ事が言えて文語で書かれた英文は日常会話で使う英単語とは違いまます。

ですので、普段から英字新聞を読む癖を付ける必要があります。
最初はとても難しい英単語ばかりで全く読めないと感じますが、毎日繰り返して読む事で、使われている文語英文が分かるようになります。

新聞と言うものは高校生ぐらいになりますと、誰でも読める単語で書かれていますのでやはり読めるようにしておきませんと普段の会話にも影響してきます。
文語英文を覚える事で文語で使用する英単語と口語で使用する英単語の区別ができるようになります。

日本人が英字新聞を読む習慣を付ける事が出来ると、語彙数が飛躍的に上がってネイティブとの会話でも一段上の会話をできるようになります。
英字新聞を見ると難しくてすぐに止めてしまう方がほとんどですが、ネイティブなら高校生ぐらいなら誰でも読める文で書いてありますので、本気で英単語の語彙数を伸ばしたい方には一番おすすめな方法です。

・添削サービス
自分が書いた英文を提出すると、その英文を正しい英文に添削してくれるサービスがあります。
自分の言いたい事を正しい英文で見る事ができますので、とても便利です。

英語添削アイディーは、添削専門のサービスで、解説まで付けてくれますのでかなり使い勝手が良いです。
字数に50文字などの制限がありますので、長文になりますとビジネスでの契約が必要になります。

127view
英文添削「ご利用の流れ」|idiy アイディー
英語添削アイディーは166円の低料金から英語のプロが英文添削

英語添削のアイディー(idiy)なら、166円からのお安い値段でネイティブと日本語の分かる英語専門家がオンラインで日記・英文メールから論文まで短時間で英語添削してくれるおすすめのサービスです。 オンラ ...

続きを見る

Best Teache(ベストティーチャー)は、自分の英語を書いてそれを添削してくれ、さらに添削した英文を使ってネイティブとスカイプで会話ができるスクールです。
又、値段も月に12,000円で使い放題ですので、一番のおすすめになります。

234view
bestteacher
ベストティーチャーの体験で見えた英語伸び悩み解消法!中級者必見

ベストティーチャーを体験して分かった目から鱗の完璧な英会話学習メソッド。 ベストティーチャー(Best Teacher)の英語学習方法は、ものすごく単純明快ですが日本人の一番出来ない部分を完全にカバー ...

続きを見る

Grammarly(グラマリー)は、英文校正や文法添削ソフトで英文を書いているとその場でスペルミスや英文の校正をしてくれます。
有料版にしますと文全体の修正をする事もでき、年契約ですと約1,200/月ですので是非おすすめしたいソフトです。
PCだけでなく、スマホでも利用できますので、いろんな場面で正しい英文を書く手助けをしてくれます。

236view
Grammarly
英文校正ソフトなら超優秀なGrammarly(グラマリー)が定番

皆さんはGrammarly(グラマリー)というソフトを聞いた事がありますか? このソフトは、ネイティブも使用している英語の文法間違いやスペルミスはもちろん、有料版になりますと英文の質まで上げてくれる超 ...

続きを見る

何回も回数をこなす。

英単語を効率良く覚えるには、1英文に時間を掛けずに数秒で次の英文に移るようにしましょう。
1冊の本をとにかく初めから最後まで何回も読み進めていく事が大切です。

覚える事が出来た英文は、次は飛ばすようにチェックを付けておきましょう。
※マーカーは目が疲れますのでオススメしません。塗りつぶすと言う方法もありますが、塗りつぶす時間が勿体無いのでチェックが一番効率が良いです。

この回数が増えれば増えるほど、1回転に掛かる時間は短くなり、覚える英単語の数は飛躍的に多くなります。
どうしても覚えきれない部分は、書くのですが実際に紙の上に書くのでは無く机の上でも空中でもいいので、指でエアー書きしましょう。

実際に書くよりかなり時間が短縮され、書いているのが紙の上では無く頭の中になりますので、覚えも早くなります。(*^_^*)
皆さん英語のテキストを買って来ますと、最初のページから隅々までしっかり覚えて次のページに行く方が多いと思いますが、とにかく分からなくても一冊通してみる事が早道です。

全体像を把握して、2回目は更に細かく見ていきと繰り返す事で、その英語のテキストの教えている事の大まかな意味を理解していきましょう。
TOEICや英検の過去問の勉強をする時も、過去問を全部分かるまで勉強する前に全体を通して、その試験内容の時間の振り分け方や試験内容の全体構成をまずは覚える事が大切です。

英単語を覚える事が出来たら実際に話してみよう

アウトプットが重要

自分がどの程度英語の力がついたのかを試すには、実際にネイティブと話をしてみるのが一番です。
手っ取り早く英語を話す方法は、オンライン英会話になります。

登録したその日から英語で海外の講師とオンラインでマンツーマンで話ができますので、効率良く実力のテストができます。
オンライン英会話で覚えた英語を応用して英会話にチャレンジしましょう。英会話力と同時に英語耳(リスニング力)を付ける事もできます。

オンライン英会話は何処が良いの

オンライン英会話スクールは安くて、沢山話せるところがやはりみなさんの希望だと思います。
下記にオンライン英会話スクールの一覧があります。

ビズメイツ24時間予約可【毎日25分】12,000円/月(税込)25分×1回 フィリピン講師24時間予約可【毎日50分】18,000円/月(税込)25分×2回 フィリピン講師
DMM英会話スタンダードプラン
23時間予約可
(フィリピン等109ヶ国の講師)
【毎日25分】6,480円/月 (税込)
【毎日50分】10,780円/月 (税込)
【毎日75分】15,180円 /月(税込)
プラスネイティブプラン
23時間予約可
(109ヶ国の講師+ネイテイブ講師+日本人講師。)
【毎日25分】15800円/月 (税込)
【毎日50分】31200円 /月(税込)
【毎日75分】41500円 /月(税込)
ネイティブキャンプ【毎日25分】6,480円 /月(税込) 回数無制限 24時間予約可 プレミアムプラン
※クレジットカードの登録が必要 ネイティブは500コインが必要
ご家族なら月額1,980円/月(税込) ファミリープラン
ネイティブは500コインが1回に付き追加で必要
レアジョブ早朝6時〜深夜1時予約可
【毎月8回】 日常会話コース 4200円/月(税抜)フィリピン講師
【毎日25分】日常会話コース 5800円/月(税抜)フィリピン講師
早朝6時〜深夜1時予約可
【毎日25分】ビジネス英会話コース 9800円/月(税抜)フィリピン講師
【毎日25分】中・高生コース 9800円/月(税抜)フィリピン講師
hanaso6:00~24:55予約可
毎日プラン フィリピン人講師
【毎日25分】5980円/月(税抜)【毎日50分】9600円/月(税抜)
週2回プラン フィリピン人講師
【毎週25分2回】3800円/月(税抜)【毎週50分2回】5800円/月(税抜)
6:00~24:55予約可
回数プラン フィリピン人講師
【月25分8回】4000円/月(税抜)【月25分12回】5700円/月(税抜)
【月25分16回】7200円/月(税抜)
ベストティーチャー(Best Teacher)通常英会話コース
24時間予約回数無制限
12,000円(税込)/月 英語添削+会話 ネイティブ+多国籍
英検®対策コース
16,500円(税込)/月 英語添削+会話 ネイティブ+多国籍
試験対策コース
24時間予約回数無制限
16,500円(税込)/月 英語添削+会話 ネイティブ+多国籍 TOEFL iBT、IELTS、TOEIC SW、TEAP、GTEC CBT
マイチューター(mytutor)月額制プラン
月~金 15:00~24:55 、 土・日 11:00~24:00 予約可
月8回コース5980円’(税込)フィリピン講師(正社員)
月12回コース6980円’(税込)フィリピン講師(正社員)
月16回コース8480円’(税込)フィリピン講師(正社員)
月20回コース9980円’(税込)フィリピン講師(正社員)
月30回コース15980円’(税込)フィリピン講師(正社員)
ポイントプラン
月~金 15:00~24:55 、 土・日 11:00~24:00 予約可
30ポイント20,000円(税込)フィリピン講師(正社員)
60ポイント33,000円(税込)フィリピン講師(正社員)
120ポイント55,000円(税込)フィリピン講師(正社員)
その他各種プランが116コースあります。
産経オンライン英会話毎⽇1レッスン(25分)6,090円(税込)フィリピン講師
毎⽇2レッスン(25分×2回)9,981円(税込)フィリピン講師
週末毎日:⾦・⼟・⽇のみ1⽇2レッスン(25分×2回)6,090円(税込)フィリピン講師
AIによる発音判定、シャドーイング、ディクテーションが無料で付いてくる。

どのオンライン英会話スクールも、【毎日25分】何回 月幾らとなっていますが、良く見ますとネイティブキャンプだけが無制限になっています。
日本人の傾向として、なるべく話すならネイティブがいいと思っている方が多いのですが、フィリピン講師で十分です!

どうしてもネイティブ講師が必要な方は、すでに英語がかなり流暢に話せて、更に専門用語や公式な英語を覚えたい方には必須ですが、英語が普通に話せない方はお安く済むフィリピン講師から英語を学ぶ事で何ら問題はありません。
もしネイティブに拘っている方は、この点を良く理解して無駄な出費を抑えましょう。

と言うわけで、オンライン英会話スクールの一押しは、ネイティブキャンプになります。(*^_^*)

ネイティブキャンプの無料体験はこちら

英単語を効率的に覚える方法のまとめ

上記の具体的な内容は、本文で十分に説明していますので、リンクをクリックしてそちらを参考にしてください。(*^_^*)

Copyright© 英会話を上達させる確実な勉強法 GRANTS-FOR-SCHOOL , 2019 All Rights Reserved.