TOEIC スコアアップの短期間勉強法 | 日本式では時間の無駄遣い

TOEICのスコアアップ 今までの勉強法では点数は上がらない

 

当サイトでは、TOEIC400点なら~600点なら~と言うようなどこにでも書いてあるお話は一切ありません。

 

英語は世界共通の言語。
TOEICスコア―アップも実は英会話力を鍛える事が近道です!
そんな勉強法を学びましょう。

 

toeic900点英語話せないけど、

 

具体的な勉強方法は、人それぞれの環境や経済状態、合う合わないで変わります。

 

ですがTOEIC制覇の勉強方法の基本的な考え方さえ理解していれば、どの方法でも効果はあります。

 

今までの日本的なTOEIC対策でも、スコア―アップはできますが、点数ではなく違った結果があなたに訪れます。

 

今までのTOIECスコア―アップに対する考え方が180度変化する内容になっていますので、しっかりと熟読して頂けると必ず見えなかった高得点が見えてきます。

  • リスニングで何を言っているのか分からない。
  • 頭の中で日本語変換が必要
  • 英語で簡単な会話が出来ない

こんな日本人が多いのではないでしょうか?

 

当サイトでは英会話がしっかりできる事が大切であり、話せない英語の勉強は時間の浪費と考えています。

 

簡単にTOEICの概要をご説明します。

 

TOEICとは、Test of English for International Communicationの略で、「国際コミュニケーションのための英語力測定試験」を表します。TOEICのスコア―を上げるために必要な能力は、LISTENING& READINGです。

 

2時間で200問をマークシート形式で解答します。
英語の文章を書くテストではありませんので、スペルミスなどの心配はいりません。

 

英語を話す、書く等の問題はありませんから日本人向けのテストという事ができます。
実際このテストは1979年(昭和54年)に日本人用に作られたテストです。

 

 

TOEICの点数が上がらない日本人の英語勉強法

 

日本人の英語力

 

基本的に日本人は小学校から英語を習い始めて、中学校、高校と最低9年は英語の勉強をしています。
※小学校3年から英語は必修になる予定ですので更に今後増えます。

 

更に、大学まで行きますと13年間英語を勉強する事になります。
ですが、ほとんどの日本人が英語を話す事が苦手です。

 

国立大学の合格するほどの英語力を持っていても英会話ができる人はほぼいません。

 

ちなみにネイティブに日本の国立大学の英語の試験を見せると、難しくて解けないと言います。そして、こんな難しい英語が分かるなら会話はペラペラだね!!とも言います。

 

私がこれまで見てきたアジアの学生達の英語力はそこそこで、ほとんど日常会話で困っているケースはありませんでした。
※もちろん中には全くダメが学生もいました。

 

その経験から言いますと、アジア全体の中で日本人の英語の会話力は最低です。!(太鼓判を押せます)
インド、シンガポール、フィリピン、パキスタン、などは公用語が英語ですからペラペラです。

 

ですが、日本の国立大学の英語のテストを受けたら40点ぐらいしか取れません。
この実態を見ても、日本式の英語の勉強方に問題があるのは一目瞭然ですよね!

 

折角トエックで高得点を狙いたいなら英会話もできるようにしましょう。
と言うか、その方がトエックで高得点を取る近道です。

 

日本人の英会話力は何故低い

 

英語で尋ねる外人

 

日本では英語を実生活で利用する場合がほとんどありません。
実際に生活で英語が無いと困る事はまずありません。

 

お笑いの出川さんが、海外に行って英語を使った面白い番組が人気です。(番組のタイトルは忘れました)
あの番組はほんと日本人の英語に対する現状を面白おかしく紹介しています。

 

日本人で英語が上手に話せる子供は、芸能人の子供、富裕層の子供、ごく一部の英語に対する情熱がある子供、ぐらいです。
上記のような家庭では、英語が世の中で必須である事を理解しており、又それに対する投資もできます。

 

芸能人の子供・富裕層の子供は、インターナショナルスクールや海外に留学しているケースが多いですよね。
英語が話せるようになる=留学」と言った考え方です。

 

更に、日本の受験戦争からも抜け出す事ができます。
2年以上海外にいますと、帰国次女扱いになって日本の大学入学が楽になるのも事実です。
※昔は親の事情で海外に行った場合だったのですが、最近は自己理由で海外に行った方も帰国子女扱いされるようになりました。

 

9年も英語を習っている皆さんも英会話ができるようになりたいと思いませんか?
親の経済力が英会話力に比例するのは何とも切ない話です。

 

親に経済力があってもこんなケースがあります。

 

中学生で海外に留学すると言うと、
「日本語が完全に理解出来ていないのに英語を勉強なんてとんでもない!」
「しっかりと日本語を理解して綺麗に話せるようになってから、英語を勉強しなさい。」

 

「日本語に誇りを持ちなさい」と素晴らしいのですが、英語を勉強すると日本語が分からなくなるなんてことはありません。
日本語以外の言語を勉強する事で、初めて知る日本語の素晴らしさや考え方の間違いに気づく事は、その子の人生にとって有意義だと私は思います。

 

日本国内にいても、「英語を使わなければいけない」「英語が話せないと困る」、そんな環境を作る事が重要です。
今の日本にはそのような環境がありませんので、どうしても一部の恵まれた日本人又は情熱を持って英語を勉強している人以外は英語を話せるようになりません。

 

小学校3年から英語が必須になって、授業も全て英語で行うように将来なるとの事ですが、そもそも小学生の先生になるのに今までは英語の能力は問われませんでした。

 

今後小学校の英語の授業が英語でできるのか疑問です。
通じない日本語英語の発音で教え込まれる生徒は可愛そうです。

 

小学生は年齢的に吸収も早い時期ですので、間違った英語の発音が定着してしまいますと通じない英語が量産されます。

 

TOEICはアウトプットが出来ないと得点は上がらない。

 

えっ英語の発音てそんなに大事なの?

 

日本の英語の勉強は、残念ながら英語の先生が英語を流暢に話す事ができません。(日本語英語なら話せます。)
これまで日本の英語では、「話す・書く」等のアウトプットを試すテストはあまり行われていませんでした。

 

発音出来ない英単語は、聞くこともできません。
英文を自分の力で書いた事のない人は、簡単な英文も作れません。

 

TOEICなどでネイティブが発音する英語は聞き取るのが難しくなります。
トエックのリスニングテストのスコアーを上げる事は苦手になり、効果のある勉強法も見つかりません。

 

日本語の漢字は何となく書けないけど読めるのは、形に特長があり予想できる事が多々あります。
ですが、英語は全てアルファベットで形は同じですのでその法則は成り立ちません。

 

英語のリーディングで得点を取るには、正確に単語を覚えなければいけません。
地道な努力が必要です。

 

話して書く事をせずに、読んで聞くだけの日本式勉強方では覚える事が偏っているため、その結果、TOEICのスコアアップに時間が掛かってしまいます。

 

TOEICの成績を短期間で上げるには、「話す・書く」のアウトプットを勉強する事が近道です。
今までアウトプットの勉強をしたことのない日本人がこの話を聞くと、覚える事が増えるだけで現実的ではないと言います。

 

この勉強法は、トエックの点数を上げるだけでなく、英会話もできるようになります。
日本人が苦手の英会話も身に付く勉強法を使うメリットは非常に高いと言えます。

 

TOEICの勉強方法を変えませんと、いつまで経っても話せない英語の勉強になります。

 

とえっくのべんきょうおえいかいわのべんきょうきょうぞんできないの?

 

これまでのTOEICの勉強方法は、過去問を解いて分からなかった単語を覚え、小手先のテクニックを身に着ける事でした。
実際に「TOEICの勉強方法」で検索をしてみますと、日本人特有の勉強方法を丁寧に説明しているサイトが多数見れます。

  • 英単語を日本語の語呂で覚える。
  • マークシートは後で綺麗に塗りつぶす。
  • 出来ない問題は適当に解答しておく。
  • 動きの無い写真が出てきたら現在完了はない。
  • 長文は半分より上に解答が多い。

などのテクニックは有名です。

 

このようなテクニックはTOEICテストにだけ有効で英会話には何の役にも立たちません。
今でも、いろんな英語の特長を使ったTOEIC攻略の裏技テクニックが生み出されています。

 

確かにそのような事を知っていると答えを簡単に絞り込めるのは間違いありません。
ですが所詮小手先の技術であって本当の意味での英語の勉強からかけ離れてしまっています。

 

英語はコミュニケーションツールで、知らない国の人と会話ができる事で初めてその役目を果たします。
試験のための英語になってしまいますと、英会話の出来ないTOEIC900点なんて人が存在してきます。

 

TOEICの勉強で、基礎的な部分はテキストを参考にしていままで通り進めればいいと思います。
そこから先の勉強にアウトプット「話す・書く」を追加する事で飛躍的に英語の力が付いてきます。

 

TOEICのスコアアップにおすすめの勉強方

 

時代に合ったtoiecの勉強方法

 

第210回公開テスト(2016年5月29日実施)よりTOEIC Listening & Reading Testの出題形式を一部変更になっています。

変更内容
日常場面やビジネス場面での英語によるコミュニケーション方法は、時代と共に変化しています。その変化に対応するため、Educational Testing Service(ETS)はTOEIC L&Rの一部を変更し、よりオーセンティック(実際的)な出題形式を採用します。
ETS では、TOEIC L&Rが今の時代の英語コミュニケーション状況を反映しているか、また現在置かれている、あるいは将来目指している環境で求められる英語能力が、確実にテストの中で問われているのか、常に検証してきました。今回の変更では、過去10 年間で頻繁に使われるようになってきたコミュニケーション方法を選択し、テスト問題として取り入れています。
参照:TOIEC公式ページ

 

この変更内容のキモは、「実際に日常生活で使用されている英語表現を使う。」です。
TOIECではこれまでの設問は、テストのための英語で現実の英会話とかけ離れている点を問題視し、より英会話らしい表現を使うように変更しています。

 

TOIECは現実的な英語表現を意識する事を推奨しています。

 

私たちも、今までの勉強方法を改める必要があります。
TOEICの勉強方法にアウトプット「話す・書く」を使用して、会話力のある英語を身に付けなければいけません。

 

英語のアウトプットを繰り返していますと、

  1. 英単語力が身に付く。
  2. 英語が聞き取れるようになる。
  3. 英語を上手に読めるようになる。
  4. 英語で会話ができるようになる。
  5. TOIECの成績が必ず上がる。
  6. 英語の勉強が楽しくなる。
  7. 英語の成績が上がる。

などが期待できます。

 

過去問を解いて、分からなかった単語をひたすら覚え日本独特の小手先のテクニックを使う事がTOEICスコアアップの王道と思っている方は、アウトプットは何となくTOEICの勉強とは無関係と思ってしまいます。

 

英語を話せるようになりますと、アウトプットの活用がTOEICスコア―アップの早道である事が理解できます。
まずは初めてみませんとアウトプットが効果があるか無いか分かりません。

 

ここで2つのタイプに分かれます。
  1. 試すか試さないで迷っている人
  2. とにかく試して、自分で効果を知る人

1のタイプは、迷った結果試さないで今までの方法で勉強を続ける。
当然、今以上の上達は期待できません。

 

2のタイプは試した結果、効果があるかどうかが分かります。
無効の場合、その方法が効果が無いと経験を通して知識が増えます。
効果があれば、英語が上達していきます。

 

どちらのタイプが英語が上達するかは、すぐにわかりますよね!

 

物事は試してみない内にダメかどうかは誰にも分かりません。
とにかくトライ&エラーの繰り返しで経験値が上がり、成長していきます。

 

日本では、小学校の算数で「4+5=?」のような問題が出題されます。
海外では、「9=?+?」のような出題をします。
後者の方はいくつもの答えがあって足し算の本質が勉強でき結果として足し算の理解力が上がります。

 

英語も、一つの答えを出すのではなく、いくつもの答え方を覚える事で、理解力があがります。

 

日本にいて英語をアウトプット「話す」するための具体的な方法

 

英語を話す相手を見つける事が以前の日本では大変でしたが、最近はいろんなツールがあって、直接ネイティブと英語で会話できる方法が沢山あります。

 

お安いくクオリティーが高くいところをご紹介します。

 

使いやすくて便利な英会話レッスンに、パロッツ君などがあります。

 

フィリピン留学で英語漬け|オンライン英会話のパロッツ君

 

フィリピンで行われている英会話教室で、1対1での英会話が毎日できます。
スカイプを利用した英会話教室で、実際にスカイプを使ってネイティブと英語で好きな時間に英会話をする事ができます。

 

講師は若い女性が主です。
フィリピンでは英語が公共語になっていますので、英語のレベルはネイティブレベルになります。

 

そんなフィリピン人の中から更に英語の実力が高い人だけを厳選して採用しています。

フィリピンには多くの海外企業のコールセンターがあります。英語はもちろん日本語のコールセンターも多くペイパルと言う日本ではなじみの無い決済方法があるのですが、そこのコールセンターはほとんどフィリピン人です。

料金プラン

 

料金プラン|オンライン英会話のパロッツ君

  • シルバープラン(毎日25分を1ヶ月):1ヶ月あたりのレッスン数最大31回まで!忙しい人におすすめです。
  • ゴールドプラン(毎日25分 x 2回を1ヶ月):1ヶ月あたりのレッスン数最大62回まで!英語を話す時間が必要な会員様向けです。
  • プレミアムプラン(毎日25分 x 2回を6ヶ月):1ヶ月あたりのレッスン数最大62回まで!1ヶ月あたり7,500円でご利用可能です。

上記の3点があります。
おすすめは、ゴールドプランです。
1ヶ月単位の支払いで、1レッスン単価が145円とお安い価格です。
TOEIC専門のテキストも用意してありますので心配ありません。

 

支払方法は

 

ペイパル、楽天銀行、Smart Pit(スマートピット)、WeChat / Alipayの4つの方法があります。

 

※ペイパルは海外では人気のあるカード決済方法で、カード情報ではなくメールアドレスで決済ができます。
楽天銀行の支払い手数料はお客さんの負担になります。

 

講師人については、、こちらでご覧いただけます。

 

予約は好きな時間にあいている講師にアポイントをするだけですので、かなり自由度があります。

 

 

 

今はどの学校にもALTがいます。
ALTに積極的に話す事はかなり有効です。
学生が話をしたければ、相手をしてくれます。

 

海外の人は日本人と違って、遠慮をする事と尊ぶような習慣がありません。
自分の意見をはっきりと言って相手と常に対等な立場で接してきます。

 

ほとんどのALTは、実はもっと生徒と直接話がしたいのですが生徒の英会話力の無さと、日本人のシャイな性格がそれをブロックしています。

 

頑張って話そうとしますと必ずALTの先生は話をしてくれますので、英語で日記などを付けてそれを添削してもらうなど上手に利用してみましょう。
あなたのTOEICスコア―アップは間違いありません。(*^_^*)

 

 

 

昔は上記のように簡単にネイティブと英語で話す方法がありませんでした。
昔、英語を話せるようにするためによく利用された方法に「シャドーイング」があります。

 

英語を聞きながら影のようにその英語を自分で追いかけて話していく方法です。
この方法はかなり効果があって、実際の英語と自分の発音している英語の違いなどをすぐに理解できるようになります。

 

ベストヒットUSAなどで有名な小林克也さんもラジオから聞こえてくる英語に自分の声を被せて英語を学んだそうです。
私は、この方法を極めて、英語が話せるようになった方に数人会った経験があります。

 

どなたも英語の発音がネイディブも驚く程正確な発音をマスターしています。
ネイティブがいうには、日本語でいうと、NHKの司会者が話している日本語のように聞こえるようです。

 

シャドーイングは、何処でも無料で好きな時に始める事ができます。
この方法は今でも十分に効果のあり、お金が無い人にはバッチリの勉強方法です。

 

シャドーイングを実際に初めてみますと、自分の話している英語がいかにいい加減なのかを実感できます。(*^_^*)

 

ネイティブと無料で話しができる便利な教会

 

今は日本中どこに行っても英語のネイティブはいますが、話相手になってくれるネイティブを探すのは大変です。

 

私の知っている便利な方法にモルモン教が開いている英会話教室があります。
全国に教会が有りますので、何処に住んでいる方も英会話を習う事ができます。

 

週に1度、夜7時ぐらいから2時間程英語教室+遊びが無料で行われています。
英会話教室は1時間程ですが、その後に更に1時間程ゲームなどをしながら英語の勉強ができます。
興味のある方はこちらで詳細を見て下さい。⇒ GO-EIGO

 

宣教師による無料の英会話 GO-EIGOミッションスクール

 

モルモン教の宣教師たちは全員17歳~20歳ぐらいの大学生が多いようです。
男性が1年半、女性が1年の期間限定で日本の各地で布教活動をしています。

 

布教活動を終えた宣教師は母国に帰り新しい宣教師が日本にきます。
常に同じ人の英語を聞くことは無く、定期的に新しい人と英会話をする事ができるのも大きなメリットです。

 

私の家族はここを良く利用して英語を勉強していました。
とても親切で英会話の他にもいろんな事を手伝ってくれます。

 

全員20歳前後の若者ですが、気さくに対応してくれますのでとても有意義です。
ちなみに私はモルモン教の信者ではありません。
モルモン教を普及している訳ではありません。
TOEICの点数を上げる確実な方法を説明しています。(*^_^*)

 

実際に教会に行っても勧誘などはほとんどありませんので心配はいりません。
すでに10年以上この英会話教室に通っているなんて強者もいます。

 

自宅に海外からの学生などをホームステイで受け入れる

 

日本には海外から多くの人達が国際交流事業を通して、来日しています。
各地域にある国際交流センター、県や市の国際交流課、大学の国際交流課etc.などにホスト登録をしておいて、ホームステイを定期的に受け入れる方法があります。

 

家庭内留学

 

私はこれを「家庭内留学」と呼んでいます。(*^_^*)
家族全員が英語の勉強を家に居ながらできる便利な方法で、最盛期には毎週続けて1ヶ月程入れ替わりでホストをした経験があります。
子供が夏休みの時期に多く受け入れをしましたので、子供にとっては家に居ながら英語留学でした。

 

海外のお客さんが必ずネイティブとは限りませんが、ほとんどのケースで英語を使っての会話になります。
他のアジア諸国の方は英語が堪能な人が多いので、英会話の練習になります。
その国特有の英語のアクセントを聞く事もできますので、英語耳が発達します。

 

実際のホームステイは日本への旅行日程の途中でホームステイを入れ込むケースが多く見られました。
海外の方は日本家庭に受け入れらるその日も目いっぱいのスケジュ―ルで、夕方にはクタクタになりながら、それぞれが日本の家庭に引き取られていきます。

 

全部のケースがそうとはいえませんが、基本的にその日の晩や次の日の朝はゆっくりさせてあげると喜ばれます。
英会話力が乏しい日本人ホストは、とにかくどこかに連れて行ってあげようと、サービス精神一杯であちこちに連れ出します。

 

ホームステイ終了日、各日本人ホストは指定の場所に海外からのお客さんを引き渡しにいきます。
その光景の中に、ホストも海外の方も疲れ切ってやっと解放されたという感じが見て取れる人もいます。

 

お互いに見合ってニコニコしていますが、会話はありません。
アジア圏から日本に来る方のほとんどは、日常英会話なら困らない程度の英語力を持っています。
TOEICの勉強方法を根本的に変えて、せめて日常会話ができるぐらいの英語力は付けておきましょう。

 

TOEICのスコアアップはアウトプットの繰り返しがカギ

 

日本人の英語の勉強は机の上だけでの勉強に終始しています。

 

どんなに車の運転をゲームで習っても実際に車は運転できません。
どんなに、スキーの滑り方をテレビで習っても、実際にスキーを滑る事はできません。

 

英語を操るにも、やはりアウトプットが絶対に必要、それ無しでTOEICのスコアアップを頑張っても時間の無駄。

 

人は1度忘れた事を3回思い返すと頭に定着します。

 

忘れる事と思いだす事

 

どんな人でも覚えてた単語や英文は暫くすると忘れてしまいます。
忘れてしまう事は何ら問題ありません。
これは人間の自然現象ですので必ずそうなっています。

 

後で忘れていた単語や英文を書きながら声を出して発音する事で再度覚えます。
又忘れます。
後で忘れていた単語や英文を書きながら声を出して発音する事で再度覚えます。
今度は3回目ですので、頭に定着してきます。

 

思い出す時に必ずアウトプット(書く、話す)する事が重要

 

覚えては、忘れを繰り返す事で徐々に英語力がつきTOIECの点数もアップしてきます。
思い出す時にただ見て書いただけでは定着に時間が掛かってしまいます。

 

声に出して発音することを必ず加えましょう!
見る、書く、聞く、話すを同時にする事で脳のいろんな部分に刺激が伝わって記憶を保護してくれます。

 

英語は派生語が多いので関連語を一緒に覚える

 

真面目に1単語づつ覚えていたのでは、アウトプットを使用しても時間が掛かってしまいます。
基本的に英単語は文で覚えるのが一番良い。(allegic . pollen と一単語づつではなく「I have an allergy to pollen.」と英文で2つ一緒に覚えましょう。)

 

英語は一つの動詞を覚える時に、調べますとその動詞から派生した単語がいくつも出てきます。
最近のネットでの単語検索は優秀で、一つの単語を調べますとその単語に関連した形容詞や副詞、反対語などが一緒に出てきますのでそのまま覚えてしまいましょう。

 

下記のweblio辞典では、意味、例文、類語、共起語、派生語などが一度に分かります。

 


参照:Weblio辞書

 

1つの動詞を覚える時に、5個ぐらいの派生語を覚える事ができます。

 

odor(匂い)という単語を覚えましたら、これに悪化や否定の意味のある冠詞deを付けて(deodor)で防臭になります。
さらに名刺や形容詞を作る働きのある接尾語の(-ent-ant)なを付けますと、(deodorant)芳香剤になります。
デオドラントは日本語になっていますので、逆にここから(odor)がにおいを意味する動詞だとすぐに覚える事もできます。

 

英単語を覚えるときに、フラッシュカードや単語帳を作った経験のある方も多いと思います。
今振り返って、その方法で実際に多くの英単語を覚える事ができたでしょうか?

 

多分あまり効果が無い割には面倒では無かったでしょうか?
英単語を1つづつ覚えるのは現実的ではなく、かなり非効率です。

 

文にして覚えますと、その光景も一緒に記憶できますので結果として、単語で覚えるよりはるかに効率が良くなります。(*^_^*)
1つの単語だけを覚えるのではなくて、派生語、関連語を例文を見て一連の文として覚える事で、単語力(ボキャブラリー)がかなりアップします。

 

英文で覚えますと、使う場面も意識できますので英会話力も確実にアップします。
TOEICスコア―アップには、こんな方法も使いましょう。

 

TOEICは日本独自の英語評価基準

 

toiec-toefl-ielts

 

TOEICのスコア―は海外では評価されません。

 

海外で通用する英語の試験は、TOEFL(Test of English as a ForeignLanguage)iBTで、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの 4種すべてのコミュニケーションスキルを測定できます。
海外の大学では試験結果を入学に採用しています。

 

TOEFLは、試験場で手続きをするとその順番で試験を始める事ができます。
受付時間が30分ありますので、受付開始と共に受け付けた人と、受付終了近くに受付た人では、試験を始める時間が30分違います。
後から始めた人は先に始めた人のリスニング試験などを、試験中に先に聞くことが出来てしまいます。
これをラッキーと考える人もいれば、うるさいと考える人もいます。
自分がリスニングの試験を受けている時に近くでリーディングの試験を受けている人がいますと、その声がうるさくてリスニングの声が良く聞こえないなどの障害もあります。
TOEFLの試験は始める時間を何時に設定するか考えておく必要があります。

 

IELTS(International English Language TestingSystem)も同様に海外の多くの大学が入学の基準として採用しています。
IELTSは、実際に試験管と対面で試験を受けます。
始まる時間も終わる時間も全く人によって異なってきます。
又、受験者は試験管の時間に合わせる必要があるため、午前中の試験を受けた後、午後のリスニング試験を受けるのに4時間待ちなんて事が発生します。
IELESの試験は何時に終わるかわかりませんので、試験日は一日開けておく必要があります。

 

どちらも英語を母国語としていない国の人が英語のレベルを示すために使う試験です。
TOEICと決定的に違う点は、どちらもスコアーが2年で無効になってしまう点です。
TOEIC、英検は1度試験でスコア―が決まれば一生そのスコア―は有効です。

TOEICはTOEFLを主催しているアメリカ合衆国の非営利団体である教育試験サービス(ETS)がTOEFLは日本人には難しすぎると言う理由で以来を受け、日本用にわざわざ作った試験になっています。(スピーキングとライティングは削除されています。)
※TOEICS&WというTOEIC Speaking & Writing Tests が別にあります。「Intonation(イントネーション)とStress(アクセント)」が採点基準に入っていますが、英語は国によってアクセントやイントネーションが変化するので、本来は採点の基準とは成り得ない項目のような気がします。

 

TOEICのスコアを上げるのために記事を読んでいたら、「今までの勉強法はダメ」「TOEICは世界で通用しない」そんな記事でばかりで、、、やる気をなくしてしまう人がいるかもしれません。

 

ですが、英会話力(アウトプット)の向上がTOEICスコア―アップに繋がり、且つ本来の英語の正しい勉強方である事を理解しましょう。
英語は、コミュニケーションツールで学問ではありません。

 

TOEICは日本では英語力を判定する重要なテストです。

 

toiec採用の実態

 

TOEICは日本だけの英語テストで受ける意味が無いのではと思うかもしれません。(実際は日本より韓国で大人気です)
ですが、TOEICは日本の企業や大学など多くの団体が採用しているテストです。

 

TOEICで高得点を取得しておく事は日本で生活していく上で極めて重要です。(英検も同じ理屈になります。)
又、日本ではTOEFL、IELTSは評価の対象になっていない場合が多々あります。

 

外資系の企業に就職するのでなければ、わざわざ海外のスピーキングとライティングが付いた難しいテストを受けても、簡単には高得点が取れません。
IELTSなどは、その存在を知らない方が大勢います。

 

頑張って高点数を取得したとしても、日本での就職や試験ではTOEICの成績を聞いてきます。
TOEFLやIELTSは世界標準でも日本では標準ではありません。

 

現状は採用する方でTOEICのスコア―を選考対象にしていますので、TOIECで高得点を取る事は大きな意味があります。
その証拠に英語の資格テストのテキストを本屋さんに買いに行きますと、TOEICの試験対策用のテキストが本屋さんでかなりのスペースを取っています。

 

アマゾンで調べても下記のようになっています。
アマゾン英語資格本比較

  1. TOEIC:6000冊以上
  2. TOEFL:4000冊以上
  3. IELTS:502冊

アマゾンの取り扱い量をみても、IELTSの日本での現状が良く分かります。

 

英語後進国の日本ですが、日本に住んでいる以上その仕組みを良く理解してTOEICのスコア―アップを目指しましょう。
同時に世界標準でもあるTOEFLやIELTSについても勉強をしていきましょう。

 

TOEICでいくら高得点をとっても「簡単な日常会話ができない」なんて事にならないように、英語の本質からかけ離れた勉強方法(アウトプットの無い勉強方法)は止めましょう。

 

四方山話 中国語教室での体験

中国語の嵐.
日本へのインバウンドは右肩上がりで上昇しています。
日本に来ている海外の方の統計をみますと中国人が一番多く伸び率も2桁で上昇しています。
(最下部データ参照)

 

そんな事もあり少し中国語も話せるようになろうと、中国語の教室に通い始めました。

 

そこで衝撃だったのは、教室に入っていきなり中国語の嵐です。

 

最初は何を言っているのか分からなかったのですが、時間が経過するにつれて、次第に中国語の単語が強制的に脳に入ってきます。

 

一人で中国語の本を購入して、勉強を始めたらおそらくこれほど多くの単語を短い間に覚える事は不可能です。

 

この時覚えた中国語の単語は50以上ありました。もちろん基本的な会話に必要な単語なのですが、それを早急に理解しませんとそこの教室の授業が全く理解できません。

 

もちろんテキストがありますので、テキストの中国語を勉強しているのですが、そのテキストの勉強をするために更に必要な単語があふれ出ています。

 

この時に思ったのが、集中できる状況に自分を持って行く事が理解への早道であると言う事です。

 

英語を強制的に詰め込む

 

もちろん1人で勉強していてもいつかは中国語が話せるようになるでしょうが、上記のような強制的に集中をさせる事で得られる勉強の効率は飛躍的に大きくなります

2018年9月 訪日外客数 (JNTO推計値)
Visitor Arrivals for Sep. 2018 (Preliminary figures by JNTO)
国・地域 Country/Area 総数  Total 総数  Total
2017年 2018年 伸率(%) 2017年 2018年 伸率(%)
9月 9月 1月~9月 1月~9月
総数 Grand Total 2,280,406 2,159,600 -5.3 21,196,584 23,468,500 10.7
韓国 South Korea 556,885 479,700 -13.9 5,217,993 5,697,900 9.2
中国 China 678,313 652,700 -3.8 5,560,590 6,448,300 16.0
台湾 Taiwan 347,796 329,100 -5.4 3,460,265 3,689,800 6.6
香港 Hong Kong 165,513 126,200 -23.8 1,680,296 1,661,700 -1.1
タイ Thailand 49,526 54,400 9.8 673,307 783,000 16.3
シンガポール Singapore 22,203 23,400 5.4 235,088 260,800 10.9
マレーシア Malaysia 26,478 26,700 0.8 283,261 306,100 8.1
インドネシア Indonesia 22,041 24,400 10.7 244,322 282,500 15.6
フィリピン Philippines 22,473 24,800 10.4 292,754 354,000 20.9
ベトナム Vietnam 25,388 29,300 15.4 231,879 291,200 25.6
インド India 11,513 13,300 15.5 102,071 116,700 14.3
豪州 Australia 44,102 48,600 10.2 359,152 401,500 11.8
米国 U.S.A. 100,174 104,600 4.4 1,017,960 1,128,500 10.9
カナダ Canada 22,312 23,100 3.5 224,133 241,000 7.5
英国 United Kingdom 27,114 26,900 -0.8 229,317 246,900 7.7
フランス France 18,283 20,100 9.9 202,272 230,800 14.1
ドイツ Germany 18,316 20,000 9.2 146,119 159,500 9.2
イタリア Italy 10,203 12,300 20.6 94,571 114,500 21.1
ロシア Russia 6,492 7,600 17.1 54,385 68,500 26.0
スペイン Spain 9,374 10,600 13.1 74,804 90,000 20.3
その他 Others 95,907 101,800 6.1 812,045 895,300 10.3

出典:日本政府観光局(JNTO)

 
トップへ戻る