英会話スクール に長く通っていても英語が上手に話せない人が多い訳

英語に興味を持って、長い期間英会話スクールに通っていても一向に英語が話せない方が日本人が多くいます。

 

英会話スクールをさぼる事無く、しっかりと通っているのにいつまで経っても英語が話せるようになりません。
あなたの回りにもそのような方がいませんか?あなた自身がその一人では?

 

今回はその理由と変更すべき点について解説したいと思います。

 

何言ってるのか全然分からない

 

英会話スクールでは英語を話せるようにならない理由①

 

英会話ができるようになりたくて英会話スクールに週1~2で1回50分ぐらいの授業を受けて、その後1年経過しても話せる英語は中学生以下なんて日本人が沢山います。

 

週1回50分のレッスンで、月に12000円ぐらいは授業料が取れれます。
ですが、英語を話す事が週に50分だけは圧倒的に英語を使用している時間が少なすぎるのです。

 

そもそも1週間に50分の英会話スクルーでの英語の会話で英語が話せるようになると思っている日本人が実に多いと感じています。
これを3年続けても英語が話せるようになりません。

 

これが週2回の100分になったらどうなのかと言いますと、全く状態は変わりません。
英語が話せるようになりたくて英会話スクールに通っても英語が話せるようにならないのは、英語を話す時間の圧倒的な少なさです。

 

英会話スクールに通えば英語が話せるようになると思っている方はその考え方を変えなければいけません。
絶対に話せるようになりません。

 

では、どうすれば英語が話せるようになるのかといますと、英会話教室は英語の実力を試す場所で英語を学ぶ場所と考えない事です。

 

毎日時間を決めて自分で英語の勉強をします。
この時必ず声を出して英語の勉強をする必要があります。

 

英語と日本語の違い
  • 全く文法の違う言葉。
  • 全く発音方法のちがう言葉

ですので、英語がCDなどで発音の聞ける教材を購入して、毎日声を出して練習する必要があります。

 

日本語とは全く声の出し方が違う言葉ですので、その発音が出来なくては英語を話す事はできません。

 

口から声を出す事を「楽器」としましょう!

 

息の出し方や舌の使い方が分からないと楽器は使えない
日本語しか話せない楽器で、英語を話す事は出来ません。
尺八を吹いている人に、いきなりフルートを吹いてくれと言っても全体に吹けません。

 

同じ口から出てくる音ですが、口の中の筋肉の使い方や声の出し方が全く違います。
ですので、自分の口を英語が話せる楽器にしなければいけません。

 

英語が話せる楽器にするには、毎日の練習が必須です。
練習無しでは絶対に英語が話せる楽器にはなりません。

 

実際に英語を話せるようになる用意

 

本屋さんやアマゾンで、英語の基本的な発音方法と文章が書いてある本で、CDで発音を聞く事が出来る本を購入しましょう。
上記の要件を満たしている本なら種類は何でも構いません。

 

その本をよく読んで、英語を話す時の声の出し方を勉強します。
最初はなかなか同じような音が出ませんが、続けている内に口の中でその音を発音をするのに必要な筋肉が発達してきて音が出るようになります。

 

同時にその本に載っている英語の文章を発音してCDの声と同じ様な音が出るまで、声を出してとにかく繰り返して練習します。

ここで特に重要なのは、声を出して練習する事です。

 

今はスマホで簡単に録音できますので、CDの音と自分の声を録音して客観的に聞いてみましょう。
すぐに違いが理解できますので、又近づける練習をして繰り返します。

 

英会話教室に行って伝わるか確かめる

 

英会話教室は、家で勉強した英語の実力を試す場所と考えて下さい。
自分の口がどのくらい英語を話せる楽器になっているかを試すのです。

 

そのような方法で英会話教室を利用しますと、必ず英語が話せるようになります。

 

まとめ①

 

英会話教室は、自分の英語の実力を試す場所で英語を勉強する場所では無い。
英語が話せる口を声を出して家で頑張って作る。

 

英会話スクールでネイティブ講師を選ぶと英語が話せない②

 

ネイティブ・日本人講師どちらがいいの?

 

英会話スクールに行く時の条件に、ネイティブスピーカーが沢山いるかなどを基準に選ぶ人が多くいます。
何となく外国の方に慣れて、ネイティブの英語を発音している感じがあるので気分がいいのかもしれません。

 

又、ネイティブから直接英語を習うと、早く上達すると思っているのでしょう。

特に英語初心者は、日本語の話せないネイティブの先生を選ぶと全く英語が話せるようになりませんので注意しましょう。

 

もしあなたが、海外の方に日本語を教えてほしい言われて、日本語を教える方法がわかりますか?
文法や「てにをは」の使い方、「1ぽん、2ほん、3ぼん」と数字が変わる度に本と言う漢字の読み方が違うのをどう説明します?

 

私たち日本人は、日本語を理屈で覚えているのではありません自然に覚えているのです。
ですから、海外の方に日本語の作りなどを説明するのは非常に難しい事です。

 

同様な事が、ネイティブにも言えます。
彼らは英語を理屈で覚えたわけではありませんので、英語を日本人に教える方法が全く分かりません。

 

ですので、どこの英会話スクールに行ってもすでにダイアログ「会話」の書いてあるテキストを読んで、お互いに話をする練習をして何となく発音が違うとその部分の発音練習をする。

 

そのダイアログを使用して、質問文を作りあなたはそれを英語で答える。
頑張ってやる気のある方は、毎日英語で日記を書いていて、英会話教室でその英語日記を添削してもらうぐらいでしょうか?

 

日本語の話せないネイティブから英語を学ぶ事で、完全に拭けていることは英語の文法を教えてもらえません。

たとえば、仮定法(もしAだったらBをしていた。つまりAでは無かったのでBが出来無かったと言う意味です。)

 

ネイティブは日常会話で頻繁に仮定法を使います。
ですが、彼らにしてみると「それは仮定法と言う特殊な文の作りをしている」と言う意識が全くありませんので、普段の会話と同じです。

 

その点、日本人の英語講師ですと英語の理屈をしっかりと教えてくれます。
特に日本人がなかなか理解できない文法などの間違いに関しては、分かり易く丁寧に教えてくれますので、あなたの英語の能力は確実にアップしてきます。

 

英会話スクールに通うのでしたら、日本人で教え方が上手な講師を選ぶことが重要です。

 

この重要性が分かっている日本人は好くなく、ネイティブと週に1~2回話をする事で、かなり英語ができるような錯覚に陥いり全く英語が話せない自分に気が付きません。
更に何処の英会話教室もネイティブのクラスを取るには高額な授業料を払わなければいけません。

 

どの英会話教室もネイティブのクラスが人気がある事は分かっていますので、英語が話せるようになろうがならないであろうが、儲かるからネイティブのクラスを高額に設定します。

 

英会話スクールでは、なかなか英語が話せず長く英会話スクールに通ってくれる生徒が一番重要ですから、大切にします。

 

まとめ②

 

英会話初心者が英会話スクールに通う場合には、必ず優秀な日本語講師を選んで英語の仕組みをしっかり教わりながら英会話を勉強する事が英会話上達の近道です。

 

英会話スク―ルに通うより、オンライン英会話がオススメ

 

オンライン英会話ならいつでもどこでも英語レッスン

 

英会話スクールは、立地も良く家賃や人件費が掛かりますので、どうしても1レッスンの単価が上がってしまいます。
50分レッスン1回で2000~6000円ぐらい請求されます。

 

ところが、オンライン英会話スクールでは、25分レッスンを100円代で受ける事ができます。
50分(25分レッスンを2回)でも200円代です。

 

英会話スクールの約10分の1ほどの金額でレッスンを受ける事ができます。
理由は良く分かりませんが、オンライン英会話では25分単位でのレッスンが一般的です。

 

オンライン英会話なら、日常会話でしたら毎日25分レッスンを受けても月に5000円代ぐらいの支出で済ます事ができます。

 

実際のオンライン英会話の状況を表にしてみました。(*^_^*)

 

ビズメイツ

【毎日25分】12,000円
【毎日50分】18,000円

DMM英会話

スタンダードプラン  プラスネイティブプラン(ネイテイブと話ができる。)
【毎日25分】5980円 【毎日25分】15800円
【毎日50分】9980円 【毎日50分】31200円
【毎日75分】13980円 【毎日75分】41500円

ネイティブキャンプ 【毎日25分】5950円 予約不要でレッスン回数無制限 

※クレジットカードの登録が必要

レアジョブ

【毎月8回】 日常会話コース 4200円
【毎日25分】日常会話コース 5800円
【毎日25分】ビジネス英会話コース 9800円
【毎日25分】中・高生コース 9800円

hanaso

【毎日25分】5800円 【毎週25分2回】3800円 【月25分8回】4000円
【毎日50分】9600円 【毎週50分2回】5800円 【月25分12回】5700円
【月25分16回】7200円

ネイティブキャンプが一番お得です。(*^_^*)

 

ビズメイツはビジネス英語専門のオンライン英会話ですので、少し高額ですが、英会話スクールに比べればかなり安いと言えます。
その他のオンライン英会話スク―ルを見ますと、ほとんどが、25分毎日レッスンを5000円代でレッスンを受ける事ができます。

 

オンライン英会話でも前述した通りこのレッスンを毎日受けても英語は話せるようになりません
毎日自分で声を出しながら英語を勉強して、25分のオンライン英会話で自分の英語力を試す場所として利用しないと意味がありません。

 

オンライン英会話では、どこも基本的に英語のレベルをチェックする機能が備わっていますので、それを利用して自分の英語の力を実際の数字として把握するようにしましょう。

 

オンライン英会話の場合には、事前にテキストや音源がある場合が多いのでそれを利用して、自分で学習するといちいち本を購入する必要はありません。

 

オンライン英会話は、いつでもどこでも好きな時間にレッスンを受ける事ができますので、英会話スクールのように時間の制限や通うなどの面倒もありません。

 

DMM英会話を見ますと、ネイティブのクラスが3倍の値段になっているのが分かります。
これも先ほどお話した、日本人のネイティブ大好き志向を逆手にとってしっかりと儲ける仕組みになっています。

 

好きな時間にいつでもレッスンを受ける事ができる便利さから、大手の企業もこのようなオンライン英会話と提供するケースがあります。
実際、(株)楽天では社内での会話は全て英語にしていますのでオンライン英会話を利用して社員の英会話力の向上を図っています。

 

25分の英会話レッスンをそのまま録画して自分で聞きなおす

 

英会話レッスンを全部録画して見直す

 

オンライン英会話でのレッスンを更に有効に利用してあなたの英会話力を上げる方法があります。
PCでオンライン英会話を25分受けている様子をそのまま録画して、レッスン後に見直す事です。

 

オンライン英会話では、基本的にレッスンが終了すると講師からのフィードバックがありますので、何処が悪いのかを知る事ができます。
ですが、25分のレッスンの間にはチョットしたミスが指摘されている場合もあり、フィードバックにそのすべてが書き込まれているとは限りません。

 

動画で録画しておく事で、そのような些細なミスも取りこぼし無く練習する事ができます。
更に、自分の英語の発音が講師と比べて何処が変なのかも分かりますので、何度も講師の声を真似して発音を良くする事で英語が話せる楽器に口が変化していきます。

 

PCでの場面を簡単に録画する事が出来るソフトがありますので、下記を参考にしてください。

 

会話レッスンを全て録画して自分の英語発音を矯正する/AGデスクトップレコーダー

 

トップへ戻る